« 八重の蓮 | トップページ | 月光菩薩の立ち姿 »

2008年6月19日 (木)

徐々に元へ 

徐々に元へ 
徐々に元へ 
6/16に無事に御帰りになられた日光・月光菩薩。先日おまいりの方から仏様が幌
もない車に乗せられて運ばれる映像をNHKで見たそうで、あのまま東京に行か
れたのか?と質問がありました。

旅立ちの朝もお帰りの時も11トントラックの幌着きウイングトラックで精密機
械やパソコンの部品を運ぶ専用トラックでエアコン+空気清浄機つき、車体の傾
斜計もついていました。
ご本体には振動計をつけて計測しながら高速走行なさって行って帰ってこられて
います。
決して映像を鵜呑みにしないで下さい。あれは
境内周辺道路が狭い為に11トントラックが入らないので南の駐車場に11トン
を止めておいてそこまで運び出す為の4トントラックが映像で流れただけです。
日本通運さんがこれでもかという特別待遇でお運びくださっています。
さすがWith your life!!!日通。

ちなみに私は帰り着かれた日は喜び勇んで駐車場に走りました。
「ようやく帰ってきてくださった」と大トラックから載せかえ移動した小トラッ
クに私が添乗することになりました。上野の仏様の姿を思い起こしておりました。
仏様はただそこに立っておられるだけです。しかも我々のように頭を剃っておら
れるわけでもなく、むしろ豊かに髪をかきあげておられても、足元からLEDの
光にあおられるように照らされても息を呑むような静寂さに一点の曇りもありま
せんでした。自分は今そんな方のお供をさせて頂いていると思うだけで幸せに感
じました。姿そのもので人を引き入れていかれるわが寺の仏様の素晴らしさに改
めて脱帽させて頂いた一瞬でした。
そして「こういうお姿を目指して自分は坊さんをしてきませんでした。すみません」
と反省を繰り返す私がおりました。明日からまたお堂で立ちなおしです。

合掌    松久保伽秀

|

« 八重の蓮 | トップページ | 月光菩薩の立ち姿 »

薬師寺展のその後」カテゴリの記事