« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月

2008年4月30日 (水)

国宝 薬師寺展 後期展示

4月29日から後期の展示になりました。第2会場の軸物が換わりました。

3月25日~4月28日までは、№36 (重文)玄奘三蔵像 / №38 玄奘三蔵像でした。

4月29日~6月8日までは、№37 玄奘三蔵像 / №40 (国宝)十六羅漢像 諾矩羅尊者に換わりました。

№36と37は共に軸装で鎌倉時代13-14世紀の作品。、背中に経典をいっぱい詰めた笈を背負い、右手には払子を持ち、左手に経巻を持って歩く姿です。

№38も軸装で鎌倉時代14世紀の作品。インドから中国に帰った玄奘がお経の翻訳をしている姿。

№40も軸装で平安時代12世紀の作品。馬に乗る羅漢の横に髑髏(どくろ)の首飾りをつけた深沙大将(じんじゃだいしょう)が描かれている。

薬師寺東京別院では、出開帳『もうひとつの薬師寺展』http://www.yakushiji.or.jp/about/index_2008.htmlに出陳中の「釈迦三尊十六善神図」 大般若経を守護する十六善神と深沙大将と玄奘三蔵の姿が描かれています。

深沙大将は、玄奘三蔵が唐の国からインドへ旅に出たとき、砂漠で玄奘三蔵を救った守護神。深沙大将の首には髑髏が描かれているのが特徴。西遊記のドラマでは沙悟浄のモデルともいわれています。

よく観ると、№36・37の玄奘三蔵の首には、なぜか髑髏が描かれています。Photo

Photo_2 合掌 基達

|

2008年4月29日 (火)

新聞・TVの影響はすごい

29日の『国宝 薬師寺展』は祝日でもあり、朝から行列ができ、最高60分待ちになり、16時過ぎまで入場制限をしていました。やはり、昨日の読売新聞・NHKスペシャルの影響でしょうか。426_008

今後の放送予定表です。ご覧下さい。

合掌 基達

|

29日 ガイダンス13時も満席

本日のガイダンスは11時・13時も満席につき、15時につづき臨時に16時を行います。15時は山田副住職。16時は私、生駒基達が行います。

合掌 基達

|

29日ガイダンス11時満席

426_006 10時30分から平成館の大講堂を開場したところ、10時50分にはほぼ満席になり、57分には満席につき入場の締め切りをいたしました。次の回は13時・15時ですが、早くに満席なる可能性があります。満席になり次第、締め切りますのでご了承下さい。山田法胤副住職が話を致しております。

また、平成館の前では、国宝 薬師寺展に入館するのに11時現在、60分待ちです。

今後の混雑状況は公式ホームページをご覧下さい。http://yakushiji2008.jp/jam/

合掌 基達

|

4月29日 薬師寺展ガイダンス

http://www.tnm.go.jp/jp/servlet/Con?pageId=D01&processId=02&event_id=5153&event_idx=23&initdate=2008/05/01&dispdate=2008/05/29

『国宝 薬師寺展』ガイダンスでは、11時・13時・15時の3回、薬師寺の僧侶が約30分程、薬師寺のことと、薬師寺展の見所などを解説しています。今日は山田法胤副住職がガイダンスをいたします。ご参加下さい。

●28日の読売新聞朝刊のイベントのページに「お坊さんの講和会」として紹介、また、社会面のところには「僧侶と交響楽団声明カンタータ」として藝大でのまほろば塾のことが報道されていました。http://www.yomiuri.co.jp/photonews/photo.htm?ge=1&id=8335

●関連講演会としては、29日13時半~15時半 新潟県立歴史博物館 講堂(定員:150名)において、安田暎胤(薬師寺管主)が ~薬師寺1300年の歴史と文化~ と題して講演をいたします。(要参加券必要・満席)

●薬師寺岐阜別院(岐阜県各務原市那加雄飛ケ丘町129  058-383-5412 )では、29日花会式の悔過法要が行われます。

●薬師寺展の関連として、希望があれば、薬師寺の僧侶が中学校・高等学校などの学校・自治体・PTA・新入社員研修など、出向いて講演をいたします。ご希望があれば連絡下さい。

お問い合わせは、0742-33-6001 薬師寺公室

合掌 基達

|

2008年4月28日 (月)

NHKスペシャル

NHKスペシャル「日光・月光菩薩 はじめての二人旅 ~薬師寺1300年の祈り~」を観ました。石坂浩二さんの語りも良かった。牟岐礼(むぎ・れい)さんの音楽が声明のようでもあり祈りを感じます。

一年に及ぶ撮影でした。昨年の花会式から今年の花会式の間、撮影の立会いも幾度かして、番組をみながらあの時の撮影がこのNHKスペシャルに成ったのかと感激でした。NHKのディレクター川良さんはじめ・李さん・厚美さん・カメラの西川さん・照明の中村さんなど多くのスタッフが時には徹夜で撮影して出来ました。薬師三尊に魅せられ、またそれを如何に映像として伝えようか、番組としてどう構成したらいいのかと努力されていました。

創建当時から現代に至るまで1300年もの間、薬師三尊の前には、変わらぬ祈りと伝世の文化があることを改めて実感いたしました。日ごろ博物館で毎朝お参りしている私も、改めて薬師如来(奈良本山)・日光・月光菩薩(東博)の素晴らしさに見とれた50分でした。

博物館という中でも、人々の祈りは変わることなく手を合わせ、自身の心と向き合うようにも感じられました。皆さんも日光・月光菩薩の前で安らかな笑顔になっていただき、心に蓮の花のような清らかな花を咲かせてください。

まだご覧でない方は、再放送NHK総合 4月30日(水)深夜【1日午前】0時55分~1時45分「日光・月光菩薩 はじめての二人旅」をご覧下さい。http://www.nhk.or.jp/special/windowsmedia/player080428_01.html

☆お写経は、奈良薬師寺と東京別院(五反田)で毎日朝9時から夕方5時まで書写できます。お経は見るだけでも功徳があり、声を出して読むとさらに功徳があり、一文字一文字写す写経には、仏を造るのと同じ功徳があるといわれています。人々の心が潤いに溢れたオアシスなることを願っています。

合掌 基達

|

三越 まごころ説法


日本橋三越・三越劇場にてまごころ説法が始まりました。
13時から般若心経の読経のあと、安田管主の法話、30分。次に山田副住職による薬師悔過の解説を30分、14:30頃から声明・薬師悔過をいたします。
合掌
基達

|

声明(しょうみょう)

今日28日月曜日、『国宝 薬師寺展』は休まず開館しています。

426_004 皆様のお越しをお待ち申し上げます。

昨日は東京藝術大学・奏楽堂にて声明公演をいたしました。426

今日は、日本橋三越・三越劇場にて「まごころ説法」があります。安田管主・山田副住職の講演のあと、花会式の声明を行います。

☆今夜10時からNHKスペシャルをご覧下さい。[日光・月光菩薩 はじめての二人旅 ~薬師寺1300年の祈り~]http://www.nhk.or.jp/special/onair/080428.html

合掌 基達

|

2008年4月27日 (日)

まほろば塾 特別イベント

http://www.geidai.ac.jp/facilities/sogakudou/info/20080426.html

4月26日・27日、東京藝術大学奏楽堂にて、薬師寺1300年の響き を開催。

26日は「薬師寺の歴史と美術」、27日は「現代に生きる声明の響き」

今日は、藝大のオーケストラと薬師寺僧侶による声明響きを聞いてください。

合掌 基達

|

2008年4月25日 (金)

4月25日 万燈会

『国宝 薬師寺展』・金曜日は夜8時まで開館しています。今日は18時から東京国立博物館平成館・前庭にて燈籠をおいて「万燈会」を行います。先週は雨のため、出来ませんでしたが、今日は雨も上がり出来るでしょう。(万燈会は4月11日・18日・25日の3回)

424_078

『国宝 薬師寺展』開催記念トークショーが行われます。

河村隆一 氏(アーティスト)、安田暎胤 師(薬師寺管主)により平成館大講堂にて18:30~19:30(開場18:00) (要参加券必要・受付終了)

今日も、10時半から15時半ごろまでは、会場の混雑が予想されます。今日は20時まで開館していますので夕方からがよいと思います。

合掌 基達

|

2008年4月24日 (木)

We Believe

Jc

21 We Believe という日本青年会議所発行冊子に、奈良青年会議所(奈良JC)の活動と『国宝 薬師寺展』の紹介をした本が会員に送られています。青年会議所のメンバーにも是非来ていただければと思います。「薬師寺21世紀まほろば塾」では、4月26日・27日東京藝術大学奏楽堂において特別イベント・「薬師寺1300年の響き」を行います。(参加券必要)

合掌 生駒基達

|

今日のガイダンス

今日は『国宝 薬師寺展』ガイダンスを平成館大講堂にて11時・13時・15時の3回行います。山田副住職・村上執事長・生駒執事が皆様のお越しをお待ち申し上げます。合掌 基達

|

奈良薬師寺の今

Photo近鉄西ノ京駅の方から薬師寺のお写経道場に向かってくると、冠木門があり中へ入ると、牡丹の花の香りに包まれます。もう満開です。寺を出たときはまだ雨は降っていませんでしたが、近鉄電車で西大寺から京都へ向かう間に雨が降り出しました。牡丹に傘をかけてやりたい思いです。雨の強さ次第でしょうが、見ごろは土・日まででしょう。

今、上野の東京国立博物館『国宝 薬師寺展』では、日光(にっこう)・月光(がっこう)両菩薩のお姿を360度の角度からお参りできることは貴重なことですが、奈良薬師寺の金堂に一人居られる薬師如来さまも、日光・月光菩薩が出陳中ですので真横からもお参りいただくことができます。このような光景はめったにないことです。薬師寺へ参拝の折は横からの、どっしりとしたお姿を見てください。Photo_2Photo_7 Photo_4薬師如来は、三十二相(仏がそなえているという三十二の優れたすがた、形)があらわされています。手には縵綱相(まんもうそう)といって、水かきのような膜があり、水ももらさず人々を救うとされます。また法輪の模様が見られます。Photo_5足には千輻輪相(せんぷくりんそう)仏足文があります。足の裏は残念ながら下からでは見ることが出来ません。胸には卍字があります。

よく見てお参りください。

薬師如来様は人々の心の闇を照らし、病を救い幸福を与えてくださる仏様です。

合掌 基達

 

|

2008年4月23日 (水)

奈良から

『国宝 薬師寺展』は、昨日・今日と団体の方が重なったり、4月25日までの期間限定の招待券をお持ちの方が多かったりした関係もあり、昼前後に最大40分の入場時間待ちが出たようです。

今日は西国49薬師霊場の会議で比叡山に行ってきました。西国四十九薬師霊場が平成元年にでき、今年が20年です。記念法要を比叡山延暦寺で行うための下見をしてきました。予定では6月27日です。

これは、薬師如来をお祀りしているお寺が49集まりできた霊場です。http://www.kyoto-shoboji.com/yakushifudasyo.html 事務局は0721-52-2958

心の時代といわれる現代、薬師如来を巡拝する方が増えてきています。霊場も西国の他に、中部49薬師霊場・東海49薬師霊場などがあります。

薬師寺は西国49薬師霊場の第一番札所・東海49薬師霊場の特別札所です。皆様一度霊場巡拝をしてみてはいかがですか。

合掌 基達

|

2008年4月21日 (月)

今日は薬師寺から

今日は薬師寺から
『国宝 薬師寺展』は昨日は20万人を超しました。雨降りでも多くの人が来て頂けるほど、皆さんの関心も高く、いらした皆さまにも喜んで頂いているようで、嬉しく思います。

私、基達は昨日から奈良に帰りまた、24日から上野生活です。

今日は、大阪阿部野の近鉄文化サロンにて、般若心経の講座で10時からお写経11時から講演でした。
夕方、また奈良の蕎麦屋「わらべ喜庵」にて盛りそばに舌づつみをうち喜んでます。

奈良、薬師寺ではもう牡丹の花が咲き始めてます。5月5日は玄奘三蔵会大祭迄もつか心配です。なぜかというと、玄奘三蔵がお生まれになったとこは、牡丹の花が有名な洛陽の近くでしたので、大祭を牡丹の薫りがする5月5日にしました。

明日は山田副住職の東博 薬師寺展ガイダンスがあります。
合掌 基達

|

2008年4月20日 (日)

『国宝薬師寺展』第24日目

おはようございます。今朝博物館に来る道中でのことです。普段歩くときにあまり上を見ないのですが、少し周りを見渡すと八重桜やアメリカハナミズキが満開になり、木々は勢いよく新芽を吹き、春の息吹を感じることが出来ました。いつもと違う目線でものを見るととても新鮮です。

『国宝 薬師寺展』では、東院堂の聖観音菩薩立像が360度の角度からまた、少し高い位置から拝むことが出来ます。また近づいて足元の台座を見ると、蓮の花の上に立っておられます。いくつかの小さい穴があいています。この穴は蓮の花びらが付けられていたあとです。PhotoPhoto_2

合掌 基達 

|

2008年4月19日 (土)

18日雨の薬師寺展

今日は1日雨でした。それでも、各地から5700人を超えて来て下さいました。ありがたいことです。薬師寺展の公式ホームページに本日より混雑情報が表示されるようになりました。http://yakushiji2008.jp/jam/ まだ今のところ入場制限・時間待ちといった混雑は出ていませんが、これからゴールデンウィークには予想されます。

今日は、万燈会は雨のため中止、特に関連イベントは博物館ではございませんでしたが、薬師寺の僧侶の姿をよく見かけられたことでしょう。山田副住職、村上執事長、加藤執事、生駒執事、小林録事、加藤大覺と6人もいました。自治体との関連行事では、山田副住職は立川女性センター・村上執事長は北区北トピアで講演があり、薬師寺展のみどころなどの話をいたしました。雨の中集まって頂いた皆様ありがとうございました。合掌 基達

|

2008年4月18日 (金)

薬師寺展 金曜日

金曜日は9:30〜20:00まで『国宝 薬師寺展』開館です。

薬師寺展では朝から多くの方が来て下さいます。12時ごろ少しすきます。夕方は4時ごろからはゆっくり拝観できます。金曜日は夜8時まで開館していますので、仏様とゆっくり対面していただけます。

昨日は、青森の中学生、山形の中学生が修学旅行で来てくれました。修学旅行のシーズンですね。奈良にも、関東方面から来て頂いています。

4月16日の朝日新聞朝刊「私の視点」に薬師寺管主 安田暎胤の文が掲載されています。

Photo_4

4月18日夜、万燈会を予定してましたが、雨の予報のため中止いたします。来週、雨が降らないことを祈ります。

合掌 基達

|

2008年4月16日 (水)

国宝 薬師寺展 第20日目

4月16日(水)の上野は晴れです。『国宝 薬師寺展』には、山田法胤副住職・生駒基達執事がいます。安田暎胤管主は、松本市美術館 多目的ホールにて関連記念講演会です。(参加証必要・満席) http://www.nhk.or.jp/nagano/event/0416/index.html

村上太胤執事長は、NHK文化センター 宇都宮教室http://www.nhk-cul.co.jp/programs/program_463091.html 郡山教室http://www.nhk-cul.co.jp/programs/program_463501.htmlにて講演です。

東京別院『もうひとつの薬師寺展』には、加藤朝胤執事が随時法話をしています。

http://www.yakushiji.or.jp/

今日もよろしくお願いします。

合掌 基達

|

2008年4月15日 (火)

16時のガイダンス

村上太胤執事長が16時のガイダンス、薬師寺展の説明をしていただきました。20080415161537

11時・13時・15時・16時の4回で1300人以上集まって聞いていただきました。

合掌 基達

|

薬師寺展の臨時ガイダンス

薬師寺展ガイダンス11時(講師:山田副住職)は会場満席、13時(講師:山田副住職)も満席になり、次回15時に続き、16時のガイダンスも行うことになりました。本日博物館は17時閉館のため、16時の会は話を短めにしなければなりませんね。お天気も良く、来場者も多いです。合掌 基達

|

薬師寺展 ガイダンス・修学旅行

今朝の上野は良く晴れています。すばらしい一日がはじまります。

●今日は平成館の大講堂で、国宝 薬師寺展ガイダンスが11時・13時・15時の3回行います。山田法胤副住職・村上太胤執事長・生駒基達執事が博物館にいます。

●今日から学校ガイダンスを行います。

学校単位で博物館に事前に申し込みをしていただき、薬師寺の僧侶が説明をします。

今日は、八丈町立富士中学校の生徒さんが、奈良への修学旅行の途上で上野の『国宝 薬師寺展』に寄って僧侶の説明をうけ、実際に奈良へ行ったとき、どんなところに注意をしてみると面白いのか見所を学んでいただきます。

なお、東京国立博物館『国宝 薬師寺展』は中学生以下は無料で拝観できます。

●薬師寺では、修学旅行生に境内で説明をしています。また、学校にも事前学習として講演に出かけています。

合掌 きたつ

|

2008年4月14日 (月)

ちょっと一息


昨日奈良へ帰ってきました。新幹線の中は、爆睡して寝過ごさないか心配でしたが、京都で近鉄電車に乗り換え、ようよう帰ってきました。奈良は夕方から雨が降り出したようです。少し寒い感じです。

3/20に奈良国立博物館の北側にオープンした ゛ふれあい回廊 夢しるべ 風しるべ ゛ http://www.yume-kaze.com/の中にある そば屋「わらべ喜庵(よろこびあん)」に行って来ました。山形産の辛み大根のおろしそばをいただいたところ、わさびよりも辛い、辛い、辛い、大根おろしで辛さが電気のように全身を駆け巡り、旅の疲れも吹っ飛びました。
この「わらべ喜庵」は、大阪堂島・北新地にある老舗のそば屋「喜庵」が本店。
堂島の地名の由来は、奈良時代、行基菩薩(薬師寺の2代目の住職)の開山による薬師堂がある島で堂島と呼ばれています。http://www.avanza.co.jp/avanza/bil_gaiyou/dojima_yakushi.html
毎年、節分では『堂島薬師堂 節分・お水汲み祭り』が開催され、会社や北新地のお店を鬼の面をつけた鬼役を連れ、「鬼は外 福は内」の掛け声で祈祷しています。
「喜庵」は堂島薬師堂の奉賛会のメンバーでもある。神田のそば屋「やぶそば」の若様も「喜庵」で修行していたことは有名です。
奈良へ来られた時は、東大寺のそばにある、蕎麦屋「わらべ喜庵」で味わって下さい。424_084_3

写真は、左から「喜庵」主と「わらべ喜庵」主(若夫婦)

424_104 もりそは

「わらべ喜庵」 TEL 0742-24-1882 

http://www.yume-kaze.com/site/shoplist/yorokobian.html

「喜庵」 TEL 06-6341-1882

http://www.sobayuraku.com/06osaka/yorokobi-an/yorokobi-an.html

合掌 基達

|

2008年4月13日 (日)

土日の開館時間・みどころ

『国宝 薬師寺展』では、平日(火~木)9:30~17:00 金曜日9:30~20:00 土・日曜日は9:30~18:00

夕方4時を過ぎると会場の人も少なくなりゆっくり拝観いただけます。

聖観音菩薩の横から日光・月光菩薩の方へ行くスロープのところから、聖観音菩薩の横姿が拝めます。角から振り向くと月光菩薩が見えてきます。聖観音菩薩と月光菩薩の違いなどを見ることができます。通路と思われがちですが、隠れた見所です。合掌 基達

|

4/12読売新聞(万燈会)

昨日の読売新聞朝刊に万燈会の記事がありました。コボちゃん下の「おあしす」欄です。

Photo_2

合掌 基達

|

2008年4月12日 (土)

万燈会

昨日の万燈会・置燈籠150基20080412064117 20080412063940 20080412063639

次回は、来週4月18日(金)と再来週4月25日(金)・夜間開館夜8時まで。

薬師寺では、毎年5月5日の玄奘三蔵会大祭(玄奘三蔵院伽藍)にて3,000基の燈籠に献燈します。

●薬師寺東京別院の縁日4/12午前中・大般若転読法要を東京国立博物館大講堂にて安田暎胤薬師寺管主導師で行います。参加者は薬師寺花会式の封筒が必要です。先着350名

(但し、博物館への入館料が必要)

合掌 基達

|

2008年4月11日 (金)

4/11・12・16・25 NHK文化センター

『国宝 薬師寺展』関連として、村上太胤(薬師寺執事長)が講師として、「平城遷都1300年と薬師寺の仏」と題して講演をいたします。Photo

プロフィールhttp://www.nara-yakushiji.com/guide/soryo_keireki/soryo03.html

●4月11日 10:00~11:30 浜松教室 TEL 053-451-1515 http://www.nhk-cul.co.jp/programs/program_462758.html

●4月11日 13:30~15:00 静岡教室 TEL 054-653-1333 http://www.nhk-cul.co.jp/programs/program_465123.html

●4月12日 10:30~12:00 前橋教室 TEL 027-221-1211 http://www.nhk-cul.co.jp/programs/program_464896.html

●4月12日 15:30~17:00 新潟教室 TEL 025-244-4484 http://www.nhk-cul.co.jp/programs/program_465353.html

●4月16日 10:00~11:30 宇都宮教室 TEL 028-627-8446 http://www.nhk-cul.co.jp/programs/program_463091.html

●4月16日 13:30~15:00 郡山教室 TEL 024-933-0022 http://www.nhk-cul.co.jp/programs/program_463501.html

●4月25日 10:00~11:30 福島教室 TEL 024-525-8848 http://www.nhk-cul.co.jp/programs/program_465694.html

●4月25日 13:30~15:00 仙台・定禅寺通り教室 TEL 022-224-4811 http://www.nhk-cul.co.jp/programs/program_465980.html

ご参加下さい。合掌 基達

|

2008年4月10日 (木)

今日のガイダンス他

4月10日の『国宝 薬師寺展』ガイダンスは11時・13時・15時の3回。生駒基達(薬師寺執事)が20~30分程度の薬師寺の話をいたします。当日参加できます。無料(但し、博物館への入館料が必要)消防法により定員380名までとなっていますので、満員になりしだい締め切ります。各回15分前に会場内にアナウンスが流れます。薬師寺展拝観途中の方は、チケットの半券で再入場できます。

昨日、博物館に来られた方は、桜のお花見も終わり、じっくりと『国宝 薬師寺展』を拝観されていました。

『国宝 薬師寺展』の関連として、今日は

NHK文化センター千葉で村上太胤(薬師寺執事長)http://www.nhk-cul.co.jp/programs/program_462694.htmlの講座があります。

●松戸市民劇場にて14時~15時30分 山田法胤(薬師寺副住職)の文化講演会があります。参加者は入場整理券が必要。 (満席になりました)http://www.nhk.or.jp/chiba/event/bunka-kouen080410.html

合掌 基達

|

2008年4月 9日 (水)

NHKハイビジョン特集

4月9日20:00~21:49<BS-hi>ハイビジョン特集  「薬師寺 ~白鳳伽藍の一年~」の放送があります。http://www.nhk.or.jp/bs/hvsp/

番組は、昨年春の花会式から今年「国宝 薬師寺展」開催のため、日光・月光両菩薩がそろって東京国立博物館へ出られた中で、本尊 薬師如来がたったお一人になられた花会式を迎える春までの1年を通して、薬師寺の法会を取材してできた番組です。是非ご覧下さい。

合掌 基達

|

風雨の博物館

先週までは、上野の桜も満開で『国宝 薬師寺展』も夜8時まで開館。土日は1日1万人以上の来場者もありました。昨日の4月8日は雨風のお天気の中、約3400人を超えご来場いただきました。ガイダンスにおいても3回で約600人の方が山田法胤副住職の話を聞いていただきました。ありがとうございました。

次回のガイダンスは、http://www.tnm.jp/jp/servlet/Con?pageId=B01&processId=01&event_id=51534月10日 11時・13時・15時です。私、生駒基達が話をさせていただきます。

合掌 基達

|

2008年4月 8日 (火)

お釈迦様のお誕生日です

お釈迦様のお誕生日です
本日は4/8です。お釈迦様のお誕生日です。美しい花に囲まれた花園真ん中で
「天上天下唯我独尊」・・・と与えていただいた命の尊さを高らかに宣言なさっ
たお姿はまさしく「NO1にならなくともいい。もともと特別なonly on
e」とSMAPの歌で知られるところです。皆様もご自分の誕生を今一度思い返
し感謝してなさってみてください。薬師寺では今日一日大講堂で甘茶の供養をし
て頂きます。
合掌    松久保伽秀

|

2008年4月 7日 (月)

4/8国宝 薬師寺展 ガイダンス

東京国立博物館・平成館において『国宝 薬師寺展』ガイダンス 11:00 13:00 15:00 の3回 約20~30分、薬師寺の説明を 山田法胤薬師寺副住職 または(生駒基達薬師寺執事)が致します。当日参加できます。無料(但し、博物館への入館料が必要)消防法により定員380名までとなっていますので、満員になりしだい締め切ります。各回15分前に会場内にアナウンスが流れます。薬師寺展拝観途中の方は、チケットの半券で再入場できます。

◎テレビ番組のお知らせ

4月9日(水) 午後8時00分~9時50分迄 BSハイビジョン特集  「薬師寺~白鳳伽藍の一年~」

4月28日(月) 午後10時00分~10時49分迄 NHK総合 NHKスペシャル「おおらかに天にのぼる~薬師寺1300年の祈り」

合掌 基達

|

4月8日は何の日(更新)

4月8日は、お釈迦様の誕生日です。
奈良薬師寺では、花御堂をつくり、お釈迦様の誕生仏をおまつりして、甘茶をかけて祝います。
お釈迦様は、紀元前565年4月8日にルンビニーの花園でお生まれになりました。仏伝によると、お母さまの摩耶夫人の右脇の下からお生まれになったといわれています。
そのような像が、上野の東京国立博物館の法隆寺館にあります。http://www.tnm.jp/jp/servlet/Con?pageId=B07&processId=02&colid=N191

毎月8日は、薬師縁日です。午前11時30分から12時30分まで薬師寺金堂、薬師如来のご宝前において、薬師縁日・大般若経転読法要が行われます。大般若経によるご祈願も行っています。大般若経は玄奘三蔵による翻訳されたもので代表的なお経です。国宝薬師寺展では、奈良時代に写経された大般若経が展示されています。

合掌 基達

|

今年もならに春が来た

今年もならに春が来た
4/5今年も無事に花会式が終わりました。結願法要の前に東の方角に向き練行衆
という一週間籠もられたご僧侶方が春日大社の神様に向けて感謝の焔を松明に託
して捧げます。東京の博物館の入口で八幡社の社殿が堂々と建つというその伝統
はここから生まれてきております。かみさまことしもありがとうございました。
日光さま月光さま、今年は東京までお経の声が届きましたでしょうか??
合掌    松久保伽秀

|

2008年4月 6日 (日)

NHK新日曜美術館

今日朝9:45~10:00NHK新日曜美術館 アートシーン にで「国宝薬師寺展」ほかの紹介があります。番組ホームページhttp://www.nhk.or.jp/nichibi/ 再放送は今夜20:45~21:00ご覧ください。合掌 基達

|

「国宝 薬師寺展」記念講演会

NHK主催展覧会 「国宝 薬師寺展」記念講演会が熊谷市中央公民館・市民ホールで本日14:00~15:40まで開催される。講師は山田法胤薬師寺副住職です。副住職は奈良から直接会場へ入る予定です。私は博物館から出かけ公民館で合流します。参加者は入場整理券が必要。(満席)

合掌 基達

|

2008年4月 5日 (土)

花会式クライマックス・鬼追い式

花会式の結願法要のあと、薬師寺金堂正面舞台では大きな籠松明に火が点けられ、五匹の鬼は中門から現れ、咒師の清めの後、鐘や太鼓や法螺貝・鈴の鳴り響く中、中門から金堂へ鬼は、あるものは松明を手に暴れまわり、他のものは籠松明をゆすくり、参拝者の頭上に火の粉を降り散らして暴れまわりました。Photo_6

画像は携帯メールで頂きました。

合掌 基達

|

臨時薬師寺展ガイダンス

大好評につき、15時に続き16時からも平成館・大講堂にて約20分ほどのガイダンスをします。
合掌 基達

|

毎月5日は玄奘縁日

玄奘三蔵法師は西暦600年または602年のお生まれで、西暦664年2月5日入滅されました。奈良薬師寺玄奘三蔵院では13時から玄奘塔において、つづいて、平山郁夫画伯奉納の大唐西域壁画殿においても縁日法要が行われます。

平山郁夫画伯奉納の大唐西域壁画は6月15日まで奈良薬師寺玄奘三蔵院伽藍において特別公開中

合掌 基達

|

花会式 造花

昨日、奈良から花会式の造花が届きました。3月30日から4月5日まで薬師寺で行われている花会式、金堂にお供えされていた造花が、上野にお出ましの日光・月光両菩薩様にもお供えするように届きました。毎朝開館前に勤行をしています。そのときに造花を供えさせていただきます。日光・月光両菩薩の前では、世界平和・国家安穏・萬民豊楽・五穀豊穣・参拝者の家内安全・心身健康・等を祈り、展覧会を通して心の安らぎを願っています。Photo_7

合掌 基達

|

4/5薬師寺展ガイダンス

皆様、おはようございます。

今日の東京国立博物館・平成館において『国宝 薬師寺展』ガイダンス 11:00 13:00 15:00 の3回 薬師寺の説明を 生駒基達(薬師寺執事)が致します。当日参加できます。無料(但し、博物館への入館料が必要)消防法により定員380名までとなっていますので、満員になりしだい締め切ります。各回15分前に会場内にアナウンスが流れます。薬師寺展拝観途中の方は、チケットの半券で再入場できます。合掌 基達

|

2008年4月 4日 (金)

夜桜コンサート

『国宝 薬師寺展』の会場から控室への途中、大きな歌声が大講堂から聞こえてきた。

なんと今夜、19時~19時40分まで平成館大講堂において、「夜桜コンサート」が開かれる。出演はヴォクスマーナ。桜をテーマにした曲を美しいアンサンブルで楽しめる。当日参加OKで鑑賞は無料(ただし入館料は必要)先着順で定員が380名。先日文化会館で3500円の鑑賞料が必要であったが、今日は夜桜コンサートに協力していただき鑑賞料は無料と嬉しい企画です。これは、「博物館でお花見を」で開催されている夜間開館のイベントのひとつである。仕事帰りに疲れた心をリフレッシュさせてくれそうです。

合掌 基達

|

何なぜ薬師寺展②

Q、日光・月光菩薩の大きさはどれぐらい?

A、日光菩薩(にっこう)は像高317.3cm 重量約2300㎏

  月光菩薩(がっこう)は像高315・3cm 重量約2000㎏

  今回、光背を外した状態のため、360度の角度から見ることができます。陰陽を感じる日光菩薩と月光菩薩の腰の辺りを見比べると、日光菩薩は腰の辺りのカーブはものすごく張りがあり力強さを感じます。また月光菩薩の方は、しなやかさを感じます。

※月光菩薩像の重さの違いは、昭和27年の月光菩薩像修理のおり、体内の鉄心棒と土が除かれていることも関係があるでしょう。

Q、仏足石は奈良薬師寺ではどこにありますか

A、仏足石は、奈良薬師寺大講堂の後背壁、北側に仏足石を安置して、その両横には中村晋也作の釈迦十大弟子を安置しています。普段は後背壁によせて安置しているため、背面の文字を見ることはできません。しかし、『国宝 薬師寺展』会場では、背面に刻まれている文字を見ることができます。彫が浅く読み取りにくいです。展覧会図録P210に仏足石銘文を載せていますが、不明な箇所もあります。

石の大きさ。正面高69.0㎝上面奥行74.5㎝横幅108.0重量約1200㎏

仏足石の信仰は、お釈迦様が入滅されてからすぐに仏像が造られたのではなく、お釈迦様の足跡を石に刻み、お釈迦様が立っておられると見て、礼拝を行っていました。古くは石の周りをお経を唱え右回りで廻ていました。

石を一回廻ると一度、三回廻ると三度、百回廻るとお百度といって、お百度参りは、仏足石信仰から来たともいわれています。

薬師寺には、仏足石の下には蛙が石を支えています。蛙の時代(江戸?)は不明です。

国宝「仏足跡歌碑」(天平時代)高194㎝幅48.5㎝厚さ4㎝

これは、石が薄く奈良から東京に移動が難しく、今は薬師寺大講堂に安置しています。仏足石を称えた歌が21首の和歌がすべて万葉仮名の五七五七七の仏足石歌体で一首一行に刻まれています。

奈良薬師寺へ参拝の方は是非お参り下さい。合掌 基達

|

2008年4月 3日 (木)

何なぜ薬師寺展①

Q、日光・月光両菩薩の印相と意味は何ですか?

A、古い時代の菩薩の通仏の印、菩薩は願いをこめているお姿。

薬師如来は、施無畏(右)、与願印(左)

(右手は施無畏印、人々のおそれを除き、平和な心を与える。左手は与願印、人々の願いを聞き届け、施しを与える)とされています。

Q、狛犬の材質は何ですか?

A、たぶん桧と思われます。

Q、国宝 日光・月光菩薩・聖観世音菩薩の性別は何ですか?

A、菩薩像はお釈迦様が出家される以前、カピラ城の皇太子時代の姿をモデルとしている。頭には、髻を結い上げ、宝冠を頂き、瓔珞(ようらく)をつけている。

聖観世音菩薩は、有間皇子(ありまのみこ)の姿ともいわれている。

菩薩とは、如来の前の段階で、一心に修行精進して真理(悟り)を求める人。

(永遠なるものを求めて、永遠に努力する人を菩薩いう。  好胤説法より)

Q、日光・月光菩薩の材質は?鋳造方法は?

A、銅で鋳造され鍍金を施したものである。一度に鋳造したようである。

『国宝薬師寺展』図録のP119・P208参照

Q、月光菩薩の右腕の穴は何?

A、よく見ると、何箇所か穴があります。『国宝薬師寺展』図録のP124・P209参照

Q、聖観音菩薩像の額にある白毫材質は何か?

A、白毫は水晶で作られている。

Q、玄奘三蔵法師の右手の印の名称と意味

A、説法印といって、玄奘三蔵はインドから沢山の経典を中国に持ち帰り、インド語から中国語に翻訳をされた時のスタイルです。直接筆を持って翻訳したのでは無く、口頭で翻訳をされた。左手には、インドの経典をもち、右手は手ぶりをして翻訳しておられる。(訳経像)

合掌 基達

|

4/3ガイダンス

4月3日13:00と15:00の2回東京国立博物館・平成館大講堂にて、薬師寺の事や、『国宝 薬師寺展』の見どころなど約20分~30分、私、生駒基達(薬師寺執事)が話をします。どなたでも、ご参加いただけます。但し、平成館に入るには『国宝 薬師寺展』のチケットが必要です。

4月6日まで、開館時間9:30~20:00

合掌 基達

|

2008年4月 2日 (水)

お土産コーナー便り

お土産コーナー便り
薬師寺の東僧坊の中でお土産のコーナーが花会式中に限り開催されております。
特に今回はブランベリーという西ノ京にあるケーキ屋さんの和風のお菓子が好評
です。横田さんのせんべいもいつも人だかりです。いわずと知れた奈良漬屋さん
の寿吉屋さんも出店されています。どうぞこの機会に是非お立ち寄り下さい。
合掌    松久保伽秀

|

薬師寺展入口

薬師寺展入口
『国宝 薬師寺展』
本日、夜8時まで開館してます。合掌 基達

|

2008年4月 1日 (火)

伽秀さん登場

奈良薬師寺からの情報ありがとうございます。

私は4/13まで上野にいます。これからも情報を発信下さい。

合掌 基達

|

幡が元気にはためいてます

幡が元気にはためいてます
4/1春の嵐の中の花会式3日目、新しく靡く幡が回廊内側ではためいています。
今年初使いの幡です。京都の吉岡幸雄先生の工房で染めてお作り頂いたものです。
何となく使うのも勿体ないような清々とした美しさです。どうぞ境内ではためく
幡をご覧下さい。
合掌 伽秀

|

4/1『国宝薬師寺展』ガイダンス

平城遷都1300年記念『国宝 薬師寺展』についてのガイダンスは、13時・15時の2回(1回 約30分程)生駒基達が行います。当日自由参加・無料 (ただし当日の博物館の入館料は必要です)

合掌 基達

http://www.tnm.go.jp/jp/servlet/Con?pageId=D01&processId=02&event_id=5153&event_idx=23&initdate

|

花会式 荘厳

20080401033041 20080401032816 薬師寺では、3月30日から4月5日まで「修二会 花会式」の行法が金堂 薬師三尊のご宝前で毎年行われています。今年は、日光・月光菩薩が東京上野の東京国立博物館『国宝 薬師寺展』に出陳中ですが、日光・月光菩薩の御分身を祀り「薬師悔過」の声明・祈りが行われています。合掌 基達

20080401021027

|

花会式 聚寶館・大宝藏殿

20080401025344 寺宝・秘仏特別開扉を4月6日まで行っています。  合掌 基達

|

31日 花会式 野点②

4月5日までの野点席のお菓子は、奈良の名産、吉野葛でつくられた「白鳳の飛天」です。

紅白あり、赤は塔の上にある水煙の飛天模様。白は薬師大寺の文字が入っている。

30年ほど前からある薬師寺オリジナルのお菓子で大変人気がある。

東僧坊は、4月6日まで特設会場になっている。  合掌 基達20080401022954 20080401025211

|

31日 花会式 野点①

薬師寺西回廊にて、茶道遠州会 奈良支部・大阪支部の皆様による野点席

合掌 基達

20080401020904_2

|

31日 花会式 奉納行事

3月31日 金堂正面舞台にて、花会式331奉納行事 「文楽」 

浄瑠璃 人間国宝  竹本住大夫師・人形  人間国宝 吉田文雀師

合掌 基達

|

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »